週末にベランダ菜園を楽しむ

BLOG

都心でもできるベランダ菜園

都会に暮らしていると、たまに緑が恋しくなります。電車でちょっと出かければ、緑地公園はあるのですが、家での話です。大きな公園の近くに住んでいれば別ですが、緑がない環境にいると、なんだか疲れるような気もします。田舎育ちだからでしょうか?

いろいろな本や雑誌を読むと、”気持ちを落ち着かせる効果”や”癒し効果”があるという内容を見かけますね。たまにしか買いませんが、家に花一輪飾ってあっただけでも少し気持ちが癒されるかもしれません。

同じような考え方で”ベランダ菜園”も結構人気があるのかなと思います。広い意味でガーデニング呼ぶ場合もありますかね。しかも、野菜や果物を育てれば食べられます。これも心理的なイメージですが、自分で作る野菜はサラダ菜であってもおいしく感じてしまいます。

ここでは「週末にベランダ菜園を楽しむ」についていろいろ紹介したいと思います。

ベランダ菜園は楽しい&美味しい

ベランダ菜園をしてみると、意外と楽しいことに気づきます。自分で育てた花や野菜を育てるのが楽しくなります。緑の癒し効果も期待できて、野菜や果物を育てれば、収穫も期待でき、育てる楽しみに加えて食べる楽しみも得られます。

ひとはなぜ自然を求めるのか?は専門家ではないのでわかりませんが、緑があるとちょっと癒されるのは事実で、ですのて観光業や体験型のレジャーなども人気なのではと考えます。自分で収穫したものが美味しく感じるのも心理学的な解釈のしかたもあると思いますが、自分で働いて食べるというのは健康的だと思います。

ベランダ菜園が簡単に始められる理由

例えばトマト。きっとスーパーで購入したほうが美味しく管理された美味しいトマトが食べれるはずですが、自分で育てたという要素が入ると、実際にはちょっと酸っぱかったり、形が悪かったりしてもおいしいと感じてしまうことがあります。これがいいのです。

ベランダ菜園のいいところは、週末の作業で育てることができることがいいですね。ベランダ菜園をお勧めする理由としては以下のようなものがあります。

お金があまりかからない

いまは便利なことに100円ショップである程度の道具や肥料が買えてしまうのです。本格的に始めるならホームセンターにいけばより種類豊富なベランダ菜園の道具をそろえることができます。

省スペースでもできる

雑誌程度のスペースがあれば、ベランダ菜園を始めることができます。例えば、サラダ菜などはそんなに大きくならないので省スペースなベランダにおすすめです。

年齢に関係なく楽しめる

ベランダ菜園に年齢は関係ありません。老若男女問わず楽しめます。歳をとってくると、若い頃のようなスポーツは難しくなってきますが、ベランダ菜園やガーデニングは何歳でも続けられるのがいいですね。

統計局のデータでみてみても、ガーデニングは人気のカテゴリです。

 

出所:総務省統計局(社会生活基本調査 65歳以上の趣味)

この他、プランターでいろいろ育てる場合、はじめは土を買ってきたり、種をまいたりという作業がありますが、毎日何かをしなくてはいけないということはありません。水やりくらいです。ちょっとした手入れは週末にまとめてやれるので忙しいサラリーマンでも十分楽しむことができます。

以上のようにベランダ菜園ははじめる敷居がとても低いのです。

週末にはじめる”自分ファーム(畑)”

ベランダ菜園は手軽に始められる週末の趣味になります。生活に緑を取り入れることができるようになり、「自然が恋しいけど、近くに緑がない!」という欲求を少しは和らげてくれます。最近テレビをみていてもガーデニングやベランダ菜園の特集をたまに見かけます。見てると「癒し」や「楽しさ」がありますね。

野菜や果物を育てるなら、ベランダ菜園はいわば”自分ファーム”といっても過言ではありません。自分で作った野菜を収穫して食べるのは、スーパーの特売品で買ってきた野菜と違って、なぜか惜しく感じます。原理はよくわかりませんが・・・。トマト、ナス、キュウリ、サラダ菜、ハーブ、パプリカ、ピーマン、ゴーヤなど種類もいろいろ選べます。

まとめるとあまり手がかからず、始めやすいベランダ菜園は週末の趣味としては最適だと考えます。自分で育てた植物を育てるのは楽しく、緑の癒し効果も期待、野菜や果物を育てれば、収穫も期待でき、育てる楽しみと食べる楽しみも得られます。

100円ショップに行こう!300円ではじめるベランダ菜園

あなたの家のそばに100円ショップがあればラッキーです。ベランダ菜園始めてみませんか?

例えばミニトマトであれば、300円~400円程度でベランダ菜園が作れてしまいます。私の住んでる地域には100円ショップのダイソーがありますが、①プランター・・・約100円、②野菜用肥料・・・約100円、③プランターの底に挽く網もしくは小石・・・約100円もしくは家にあるもので代用、④トマトのタネ・・・約100円もしくはホームセンターで苗(100円ぐらい)、合計300円~400円程度で自分ファーム(トマトプランター)の完成です。

さらに、「なにを植えようか?」と迷ったら、夕食の食材に買ってきた野菜たちのタネを育ててみるというのも面白いと思います。夕食で食べたトマトからタネを調達すれば実質0円ではじめられます。

土いじりが嫌いでなければベランダ菜園は面白いですよ。

タイトルとURLをコピーしました