ブログは継続が重要。半年の更新を続けられる可能性は24.3%

BLOG

ブログを始めると気になるアクセス数

ブログを始めたばかりのときに「どれぐらいアクセス数があるか楽しみ!」と期待する人は多いのではないでしょうか。自分が書いたものが誰かに評価されたり、アクセス数が集まるのは嬉しいことです。

googleでブログのアクセス数を公表されてる方も多いので、参考にもしやすいです。”10万PV達成”と検索すると、たくさんヒットしますし、”100万PV”達成というサイトもちらほら見えます。1万PV達成はさらに多く、「自分のブログもけっこうなアクセス数があるのではないか」・・・と期待してしまいます。

しかし、実際には自分が作成したブログのアクセス数が急に伸びることはありません。
アクセス数があると「がんばろう!」という気になるのですが、アクセス数が少ないと「つまらないな・・・」と思い出したり、「どうすればアクセス数が伸びるのか」と悩んだりしてしまいます。

結論から先にいうと、アクセス数など気にしないで、自分の好きなことを書いていれば一番楽しいと思いますが、アクセス数があるほうが楽しいですよね。

ブログを始める前に考えたいこと

ブログを始める前に考えることは2つあります。。

①ブログのテーマをどう絞るか

読み手がいなければアクセス数は見込めません。私はB2B(ビジネス向けの)Webマーケティングに関連した仕事に15年以上携わってきましたが、いわゆるニーズ(もしくは市場)がなければページを見られることはありません。どんなに自分が「いい内容かけたな~」と思ってもこれを読みたいというひとがいなければまず読まれないのです。

書こうとしているブログがあまりにも個人的な内容だと、そこまで「読みたい!」という人はいないだろうと思ってます。例えば、「今日の夕飯はハンバーグ食べました!」など。どーでもいいですね。反対に、一般的なことすぎることも読みたいとは思いません。例えば、「ハンバーグの作り方」はレシピサイトに良いレシピが沢山あるので個人が書いた個人ブログのレシピはあまり見る機会はないと思われます。

つまり、読み手が知りたい情報と書き手の伝えたい情報のバランスが大切だということになります。これはブログのテーマを決めるときにも影響します。

例えばテーマ設定で「私の日記」よりも、「東京で働くサラリーマンの日記」のほうが読まれそうな気がしますし、「東京で働く30代サラリーマンの食べ歩き日記」とより具体的にすると、読む方も読みやすく、書く側も内容のある情報を発信できると思います。

②ブログを書き続けられるか

忙しい現代社会、毎日ブログをたくさん更新できるだけの記事を書くことはできません。平日は会社で働いています。定時で帰れるのは週に1回程度。家に帰ればご飯を食べてお風呂に入ればあっというまに22時~23時になります。つまり、1週間で見た場合、土日でブログを書くことになり、さらに家族サービスや旅行にいったりと使える時間は限られます。

どれぐらいの頻度で、どうブログを育てていくかを考え、途中で息切れしないようにスタートできるのが理想です。例えば、週2回ブログを更新してみようとすれば、毎日更新よりはずっと難易度が下がります。週1回でもいいかもしれません。

仮に週1ページを目標にブログを書き始めたとします。一カ月を5週とすると、月最大で5ページ。年間で60ページブログ記事を作れる概算です。荒い計算で1ページあたり月間30PVみられる内容を書いたとすると、これで月間1,800PVとなります。これぐらいのアクセス数があれば、書き続けるモチベーションになりますね。

半年間ブログの更新を続けられる可能性は24.3%

これまでの話を読んで「なんだ週一ぐらいの更新ならできそうじゃないか」と思う人は少なくないと思います。三日坊主という言葉があるように、ブログを継続するのは慣れるまで相当パワーがかかるのです。

少々古いデータですが、総務省の調査で「ブログの実態に関する調査研究 」というものがあります。

報告書によると、更新継続率つまり書き続けられる割合は、ブログ開設してから 1 ヶ月目が最も低いという調査結果になっています。具体的には新しくブログを書き始めて、このうち約1/3 は、翌月には更新されなくなっているとのこと。まずは一カ月そもそも継続できるのかという壁が立ちはだかるわけです。

出所:総務省 ブログ開設後の推移 ブログの実態に関する調査研究 平成21年
総務省 情報通信政策研究所(IICP)|調査研究|研究成果~調査研究報告書(平成22年(2010年)以前)

さらにこの報告書によると、半年たっても継続している(きちんと更新しているブログ)は、新規開設したブログ全体の 24.3%になるそうです。つまり4人いたら1人だけ生き残るということですね。

反対に、半年持ちこたえることができれば、継続率はだいぶ高くなることも書いてありました。いかに飽きないで、楽しく、継続的にブログを続けるかが課題になります。経験から個人ブログもB2B向けWebサイトも同じですね。

B2Bのオウンドメディアやブログも同じ

B2Bサイトの場合は、個人と違い必ず予算がついているので予算がつく限り終了することはありません。ただ、はじめ勢いよく更新していたWebサイトがだんだんだんだん更新されなくなって半年以降はサーバーメンテナンスのお知らせしか更新されていないなどはざらにあるような気がします。

新製品を発売したり、新しい企画をしたときに、HPをリニューアルして・・・といった罠です。このあたりの話は話すと長いので別の記事で書こうとおもいます。

ブログは継続できることが重要

例えば長距離マラソンはスタートから全速力では走らないのと一緒で、徐々に体を慣らしていきながらまずは最後まで走りきることが重要になります。いきなり記録を出そうというよりも、ハーフマラソンからはじめて、フルマラソン、そして記録更新といったイメージが成功パターンになるのではないでしょうか。

ブログも同じように、いきなりスタートダッシュさせず、まずは1年間書き続けることを目標にチャレンジしてみると、アクセス数も徐々に増えてきて、書いていて楽しいブログが出来上がるのではと思っています。

継続は力なりといいますので、どうすれば無理なく続けられるかが大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました