自分専用のRSSリーダをSpreadsheet&GASで作ってみた

BLOG

手軽に読める自分用のRSSリーダーがほしい

RSSとは「Really Simple Syndication」もしくは「Rich Site Summary」の略語です。ニュースサイトやブログ・サイトにはRSSがついていて、これを見ればニュース速報や更新情報を把握できる便利なものです。これをひとまとめにしてくれる便利ツールが一昔前に流行ったRSSリーダーでした。RSSにはフリーソフト、アドオンやWebサービスなど様々なものがありましたが、最近はソフトの開発が中止されたり、サービスが停止されたりして使いやすいRSSリーダーがなくなりつつあります。

そこで、「ないならしょうがない!自分で作ろう!」ということで、RSSリーダーを自作することにしました。そんなに複雑な仕組みではないので、Spreadsheet&GASで作れるだろうと考えてました。

念の為に”Spreadsheet RSS”でぐぐってみると、私と同じような動機でRSSリーダをつくた人のブログがいくつか確認できたのでさっそく作成開始。

RSSリーダーをゼロから作るのもいいですが、すでに作っている人がインターネット上には多くいます。その方々のいいところを少しつづ参考にして、足りない部分で追加するなどすると、比較的短時間で自分がほしいアプリケーションを開発できます。

英語が苦手でなければ、海外のテクニカルなドキュメントやブログを参考にできます。

自分専用のRSSリーダをSpreadsheet&GASで作ってみた

RSSリーダをSpreadsheetで作ってみたました。画面はこんな感じです。

図:RSSリーダー

細かいプログラムの紹介は時間があるときに追記するとして、まずはどのようなものを作ったのか機能と利便性を紹介します。

RSSの解析

・複数のRSSからニュースや記事を一覧/日付順で表示できます。ニュースの収集タイミングはスケジューリングして1日1回、夜中に更新されます。

カテゴリ機能

RSSをカテゴリに分けて複数登録することができます。例えば”Google”に関連するRSSとカテゴリ登録をしておくことで、ニュースや記事単体がどのカテゴリに属しているのか把握することができます。

ホワイトURLリスト

URLのホワイトリストを登録しておけば、そのURLに関した情報のみ取得します。例えば、GoogleAlertで”バーゲンセール”のRSSを作った場合、いろいろなサイトのバーゲン情報が入り乱れて、本当に見たいバーゲン情報が発見しづらくなります。ホワイトリストを使うことで、楽天やAmazonのドメインから発信されたセール情報のみを見れるようになります。

NGキーワードリスト

キーワードのNGリストを登録しておくことで、対象キーワードが含まれるニュースや情報を表示しないようにします。例えば、”パチンコ”に関するニュースには興味がない場合、NGリストに登録しておくと、関連するニュースが除外され、見たいニュースのみチェックすることができます。

メール通知機能

メール通知機能を付けました。どのようなカテゴリで何件ニュースがあったのかメールで通知してくれる機能です。普段あまり情報がでないカテゴリは、情報を見逃しがちになりますが、この機能があることによって忘れずに情報を確認することができます。例えば、”確定申告 受付開始”などがあります。

ポイント解説

RSSをスプレットシートに読み込んで表示させるのは比較的簡単です。また、自分の読込みたい形式のRSSリーダーのプログラムを公開してくれてるひともいるので検索して参考にすると作るのが早いです。

このRSSを表示するベースに加えて、ホワイトURLリストと、NGキーワードのシートを追加しました。ホワイトURLリストは例えば特定URLから発信されているニュースについてはスプレットシートに表示するけれども、それ以外のURLからのニュースはスプレットシートに表示させないという仕様です。

例えば、ニュースサイトからの情報は欲しいけと、まとめサイトや個人のブログからのニュースは内容が重複するので省きたいときに便利です。

//RSSの個々のURLをホワイトURLリストと比較するパーツ
for(var i = 0; i < filters.length; i++) {
  var regex = new RegExp(filters[i]);
  if (regex.test(url)) {
  return true;
}

参考:https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/RegExp/test

同じように、NGワード(ブラックリスト)で不要なニュースをはじきます。私の場合は、芸能ニュースやスポーツニュースなどは興味がないので、特定キーワードを登録しておきニュースリスト上に表示されないようにしています。

いろいろな情報収取が捗る!自分自身の働き方改革

ニュースを集めて表示してくれるアプリはスマホにいれていますが、特定キーワードのニュースを拾おうとして場合、RSSリーダーが必須になります。自分で作っておきながらなんですが、仕事に関連した情報を収集するのに役立っています。クリティカルなニュースについてはメールで通知させることもできるので用途によっていろいろ使い道があるなと思っています。

しかも、スプレットシートに記録されるのであとで読み返そうとしたらで切るのがポイント。「たしかこんなニュースがあったような・・・」とあいまいでもOK。競合他社の情報を収集したり、官公庁のリリースを監視したりするのに役立ちます。ニュースの詳細までは読めませんが、RSSで配信されるデータを個人的に利用する点では十分だと思っています。

タイトルとURLをコピーしました